芝刈り、自分で刈るか?業者に頼むか?

スポンサードリンク

芝生の作り方

スポンサードリンク

芝生は、本来そのままにしておくと、15センチまで伸びる植物です。刈るのをさぼると、刈り跡が茎だけになって葉の部分が少なくなるといわれています。しかし最初から頻繁に刈りこみすぎるのも根元の茎部分が目立ち、茶色の部分が目立ってしまいます。少しずつ何回も芝刈りを繰り返していくと、新芽も生え根元付近の茎の茶色が緑化して全体にきれいな芝生の緑が広がっていきます。そして葉が柔らかく密度の濃い芝生が出来てくるのです。このように、芝生は手入れを定期的にすることによって、緑のじゅうたんになるのです。芝生をある程度育てて、その芝生を売る専門業者もいます。

業者に頼むと

定期的に芝の手入れをするのは、結構面倒な物ですよね。面倒に感じる方は、業者に頼むことになってきます。業者に頼むと、どんなに広い芝生でも、専用の芝生機で芝を刈ってもらえます。そして定期的に芝生を刈ってもらえます。しかし、業者に頼むには、予算が重要になってきます。自分の予算が多いと業者に定期的に芝刈りをしてもらい、芝生の緑の絨毯を維持することが出来ます。業者に頼むのに予算が少ないと、定期的に芝が刈る要請が出来ず、そうなると手入れが出来ず茎が伸びてしまいバリバリの芝生になってしまいます。

自分で芝生を手入れすると

予算が少ない場合、自分で芝生を手入れすることを考えても良いはずです。芝刈り機も売っています。芝刈り機はその芝生の面積に合った芝刈り機を用意して下さい。100坪以上なら電動式の芝刈り機を、それ以下なら手押し式の芝刈り機を用意すると良いでしょう。芝刈り機も芝刈り機専門の業者がありますので、調べてみると良いでしょう。芝生は手入れをすれば緑の絨毯を手に入れることができるので、芝刈りにはまってしまう人もいます。

芝生の手入れ、どうするか?

業者の予算を調べて、自分の予算と性格を考えて芝刈りを業者に頼むか自分で刈るか決めるのが良いのではないでしょうか?

「芝刈り、自分で刈るか?業者に頼むか?」 のサイト管理者

E-mail : kanri#lieoga.com

@を#と表示しています