レカロのジュニアシート

スポンサードリンク

レカロのジュニアシートについて

スポンサードリンク

レカロは、ドイツで自動車や鉄道、空港機などの関連製品を作っている会社です。レカロのジュニアシートも自動車の関連製品のひとつなのです。レカロのジュニアシートは新生児から11歳くらいまでの年齢のお子さんを対象に作られています。レカロのジュニアシートの体重の適応範囲は2.5kg〜36kg以下が対象となっています。レカロの商品だけではないと思いますが、最近は一台購入すれば、赤ちゃんから小学生になるまで利用できるものが増えてきました。その都度取り付け方が違い、又大きくなるにつれて分解して利用することができるので、経済的にも助かりますし、その都度購入しなくてよいので、手間も省けます。デザインやすわり心地の快適さ、また安全性など、色々と考えられたジュニアシートがどんどん販売されていますが、取り付けできない車もありますので、購入の際はよく確認してからにしてください。

レカロジュニアシートの特徴

ここではレカロスタートのr3についてご紹介します。適応体重は15kg〜36.0kgです。このレカロのジュニアシートは横からの衝撃が多い事故に配慮して、大きなクッションで側面の衝撃から子供を守れるような安全設計になっています。ジュニアシートとして長く利用できるように、ハイバックが取り外せるように作られています。シートベルトが首にかかると苦しいですよね。そこにもきちんと配慮されたレカロのジュニアシートは、鎖骨の上にベルトが行くように、3次元形状の肩ベルトガイドがつけられています。両方の肩にフィットして、子供の姿勢をサポートし、事故が起きた場合の側面衝撃をやわらげてくれる働きもあります。大人よりも汗をかいてしまう子供のために、通気性のよいエアホールとクッション素材を使い、長いドライブの時でも、快適に過ごせるように考えられています。5度から20度にリクライニングできますので、車のシート同様に体制を変えることも可能です。眠ってしまった時も安心ですね。未熟な体をサポートしてくれるレカロ独自のクッションで両方のももをしっかりと支えてくれるので、正しい姿勢もたもたれますし、乗り心地も快適です。子供の食べこぼしや汗などで汚れやすいシートカバーは丸洗いできるので、いつも清潔に利用できますね。他にも色々な種類のレカロのジュニアシートがありますので、是非お好みの商品を探してみてください。

「レカロのジュニアシート」 のサイト管理者

E-mail : kanri#lieoga.com

@を#と表示しています