名刺の渡し方、大丈夫?

スポンサードリンク

名刺

スポンサードリンク

ベテランの方でもちょっと危うい名刺交換。しかし社会人の基本である儀式でありスマートにこなしたいものです。名刺にはその人の名前、会社、連絡先が記載されています。その人の顔でもある名刺は丁寧に取り扱いましょう。丁寧に、誠意をもって扱えば、失礼にあたることはありません。名刺の渡し方、受け取り方できっと伝わるでしょう。また、自分のも同様です。ダイレクトにポケットや財布に入れていませんか。折り目や汚れがついていませんか。きちんと名刺入れに入れ、常に携帯しましょう。また、きらしていたり忘れてしまった場合、その場でお詫びし、後日お会いしたときに渡しましょう。

渡し方・受け取り方

渡し方はまず名刺を出し、相手が読める方向に向けます。両手で隅を持ち、文字を隠さないように。胸の高さで目を見て渡しましょう。受け取る場合は、両手で受け取り、胸の高さでキープします。名刺入れを片手に持っているときは、利き手で名刺の端を持ち、反対の手では名刺入れで名刺を受けるようにして頂きましょう。「頂戴します。」など一言添えるのもいいですね。読めない漢字などはその場で聞きましょう。後々聞きづらくなります。受け取った高さのままキープして話しをし、別れてから名刺入れにしまいましょう。商談の場合は名刺入れに相手の名刺を乗せたままテーブルの上に置いておきます。名前を間違えないためにも有効です。そうして頂いた名刺はどんどん増えていきます。誰がどの人だったか、忘れないために、名刺の裏に会った場所、用件、印象に残ったエピソードなどメモしておくと後々思い起こすことができ、大変便利です。でも相手と別れて、いない場所で書いてくださいね。渡し方はとても簡単でしたが、とても重要です。目を見て、差し出す。名刺交換の第一歩でもあります。相手が好印象を持てる渡し方を心がけましょう。

「名刺の渡し方、大丈夫?」 のサイト管理者

E-mail : kanri#lieoga.com

@を#と表示しています