ユニフォーム ―日本ハムファイターズ―

スポンサードリンク

日本ハムファイターズ

スポンサードリンク

日本ハムファイターズは2004年に札幌ドームへ本拠地を移しました。それから正式には北海道日本ハムファイターズとなります。日本ハムファイターズと聞くと、野球をあまり知らない人でも新庄選手やダルビッシュ投手はでてくるのではないでしょうか。新庄選手はすでに引退していますが、メジャーからの帰国後に日本ハム選手となり思いもよらないパフォーマンスで、日本ハムファン、または他球団のファン、果ては野球に全く感心のない視聴者までも楽しませてくれました。そしてダルビッシュ投手には、ヒーローインタビューでの結婚報告に驚かせられましたね。ああゆう場で堂々と宣言される姿に、ファンではなかった方も好感を抱いたんではないでしょうか。そして2006年の日本シリーズ優勝、札幌は日本ハム一色でしたね。優勝パレードはヒルマン監督の乗ったオープンカーから始まり、大盛況で40分があっという間だったそうです。ちなみに使用された紙ふぶきは観客が自主的に回収する姿が見られたそうです。とてもたのもしい応援団ですよね。

ユニフォームの変更

日本ハムファイターズでは札幌への移転を機に、ユニフォームが変更されました。まずホーム用は、ベースが白、左袖のみ黒でファイターズのロゴが入っています。胸にはブルーで「FIGHTERS」の文字。ビジター用はベースがグレーで、左袖のみ黒でファイターズのロゴ。胸には白で「NIPPONHAM」。どちらのユニフォームも縁取りにゴールドのラインが使われています。それが対照の色でも調和させていてとてもバランスがいい!気づかれたと思いますが、左右非対称のデザイン。左袖のみ黒なんて冒険ですよね。でもその左袖の黒に戦士を連想させられて、とても勇ましい印象です。正直プロ野球のユニフォームをかっこいいとは思ったことなかったんですが、こんなにスタイリッシュなユニフォームが出てくるなんて、時代ですね〜。最近ではオールスター出場選手にファン投票で4人も選出された日本ハムファイターズ。また増えるかもしれませんが、人気選手も続々出てきていることですし、ロッテ、楽天、ライバル球団達と共に、どんどん活躍してほしいですね。

「ユニフォーム ―日本ハムファイターズ―」 のサイト管理者

E-mail : kanri#lieoga.com

@を#と表示しています