産業廃棄物の処理法

スポンサードリンク

産業廃棄物の処理法

スポンサードリンク

産業廃棄物は処理業者に処理してもらうのが基本です。処理の工程は3つで、処分場へ産業廃棄物を運ぶ収集運搬。最終的な処理を行う前に量を少なくするための作業をしたり、有害な産業廃棄物を害のないようにして廃棄物を減らしていく中間処理。そしてリサイクルできなかった産業廃棄物を生めて処理する最終処分。この3つです。産業廃棄物収集運搬業許可をきちんともっている業者へ委託しないと、排出者も業者も両方罰せられることになるようです。1年の間で約4億1700万トンも出ていると言うのですからびっくりします。そのうち再利用されているのは約22%しかないそうです。難しい問題なのかもしれなし、私にはどうしたらよいのかわかりませんが、これ以上豊かで、人間が楽に快適になる必要はないと思うので、個人的にはまずゴミをだしてからの事を考えるより、出さない方法を考えるべきではないのかなと思わずにいられません。必要なものを必要な分だけ作ればシンプルですし、余分なものから出るゴミはかなり減るのになぁと単純に思ってしまいます。難しい問題です。でも解決の根本は以外に単純なのかもしれませんね。今現在出してしまっているゴミの問題は非常に難しい状況ですが、ゴミを出さない対策に国民全員で真剣に取り組む必要があるのではないでしょうか。

リサイクルしましょう

産業廃棄物の処理法は私たち一般市民には難しい話です。では私たちにはどうすることもできないのでしょうか。事業を行う際に出るゴミが産業廃棄物です。その事業の対象になるのは私たちです。ならば私たちがモノを大切しにして、無駄をなくして、節約をしていけばいいのです。そのためのひとつとしてリサイクルはどうでしょう。まだまだ使えそうな物を簡単に捨てずに、リサイクルするのです。リメイクしたり、人にあげて使ってもらったり、リサイクルショップに売ったりするのです。最近ではインターネットで個人が引越しの際に出るゴミや、家のゴミをもらってくださいなどと言うコミュニティで人に譲っているのを見かけます。すごく良い行為だと思います。捨てる前に考える。そして購入する前に考える。産業・一般廃棄物も全て国民みんなの重要な問題なのです。産業廃棄物の処理法やそこにある問題を知って、私自身ももっと環境やゴミ問題を真剣に考えようと言う気持ちにさせられました。

「産業廃棄物の処理法」 のサイト管理者

E-mail : kanri#lieoga.com

@を#と表示しています