アルペンスタジアムって

スポンサードリンク

アルペンスタジアムの施設

スポンサードリンク

富山市が100周年の記念に建てたのがこのアルペンスタジアム。このアルペンスタジアムという名前は、公募によって決められました。「アルペン」というあたりが富山県らしくていいですね。面積は約14000平方メートル。両翼は99.1mに及びます。スコアボードは磁気反転式。北陸初の人工芝です。アルペンスタジアムの芝は少し硬そうだといわれていますが。観客席は3万人が収容できます。また、アルペンスタジアムには、野球場とは別の施設として、スポーツ教室やフィットネスルームもあります。他には天気に関係なく使用できる屋内のグラウンド。観戦だけでなく運動もできちゃいます。宿泊対応の施設もあり、会議室もあります。いろんな目的に対応しているので、学校やサークルの合宿には最高の環境ですね。中古車フェアも行われています。

アルペンスタジアムへの交通

アルペンスタジアムまでは、車だったら、北陸自動車道の富山西インター、富山インターから出て共に40分ほど。立山インターから出て30分ほどです。駐車場は532台の収容数があります。電車だったら、JR北陸本線の東富山駅で降りて20分ほど歩きます。公式戦の開催日は富山駅からシャトルバスがでてますよ。こちらも20分ほどかかって、片道が540円になります。チケットは、当日券も売られていますが、割高になるのでやはり先に購入しておいたほうがいいですね。座席表はアルペンスタジアムのホームページにアップしてあるので自分の座席をあらかじめ確認しておくと移動もスムーズになるでしょう。外野席は電光掲示板が見えにくいそうです。席はほとんどがベンチシート。現地は風が強いので防寒着をもっていきましょう。ジュースや食べ物が飛ばされないように気をつけて下さいね。

「アルペンスタジアムって」 のサイト管理者

E-mail : kanri#lieoga.com

@を#と表示しています